歯と健康のためのネット通販ショッピング

SOLADEY

0120005212

VISA MASTER JCB AMEX DINERS

ブランドムービー

ソラデーマガジン

カートを見る

ソラデーラボ

ショッピングガイド

スマイルポイント

はみがき剤

お客様相談窓口

SOLADEYメールマガジン

株式会社シケン

2017年 06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2017年 07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

 
育児と育歯
 
 
 
 
番号 : 1母と子  -歯の健康-修正 削除
 
  書き込みをした方 : AN 日付 : 2009.04.14 10:33  
 
 
 
母と子  -歯の健康-
  1. 妊娠中の方の予防

     乳歯がはえてくるのは生後6ヶ月ごろからですが、歯の芽(歯胚)は妊娠7週目から 出来始めます。受胎を確認した頃には、既に歯胚が形成されていることになります。 出生時までには、カルシウム分の沈着、石灰化がおこり、将来、大人の歯である永久 歯の芽もできます。永久歯の石灰化は出生時から始まり、 高校生時代に完了します。



     お母さんの妊娠中の食生活は子供の歯にも大きな影響を与えます。妊婦の歯が悪くなるのは、おなかの赤ちゃんにカルシウムを取られるからでしょうか?これは、とんだ濡れ衣です。赤ちゃんに送られるカルシウムはお母さんの歯ではなく、骨に蓄えられたものが使われるのです。妊娠して歯が悪くなったというのは、 妊娠中つわりで食欲がなくなって、食事が不規則になることおよび偏食、それに、ついつい無精になって口の中が不潔になったりと、お母さん自身の生活の変化によるものです。



     大変だとは思いますが妊娠中は普通の時以上に規則正しい生活、口の中の清掃が必要なのです。妊娠中は唾液の状態が変化してPH(ペーハー)が下がり、つまり酸性になり虫 歯ができやすくなると言われています。

     また妊娠中のホルモンの変調で歯肉炎が起こり、口臭がすることがあります。栄養 が偏らないよう、バランスのとれた食事を摂ることが大切です。

     歯ブラシを使いたい気持ちはあっても、嘔吐するのではないかと歯ブラシを使わなくなる妊婦さんがいます。ところが、ご安心ください。ソラデー2の場合は、ヘッド (植毛部分)が小さく、嘔吐反射を刺激せず、通常の歯ブラシよりも刷掃効率が良いので、お母さんの情緒安定のためにも良いことです。ソラデー2を使うと、歯垢が取れ、口臭も無くなります

     妊娠中のお母さんの食事として、1日600mgのカルシウムが必要、普段の2倍。小 魚、牛乳、乳製品。インスタント食品など加工食品は避ける。他の栄養素と一緒に摂 ること、バランスのとれた食事。

  2. 子供の歯

     生後6ヶ月頃から下の前歯から生え始めます。1才頃には、上・下顎に2〜4本の歯。1才6ヶ月には、上・下顎に8本の歯が生えます。そうすると、何でも食べられる時期になります。

     2才半〜3才には、上下10本ずつ、計20本の歯が全部生え揃います。また、顎の中で は、生まれるとすぐ永久歯の芽ができはじめます。  この時期、虫歯の原因は飲み物による場合が多い。哺乳ビンの中に砂糖の入った飲 み物をだらだら与えると、前歯が虫歯になる原因となります。  お母さんの根気、努力が子供の健康な歯を作るのです。

  3. 歯みがきはしつけ -磨いてあげよう赤ちゃんの歯-

    A.赤ちゃんの歯

    ※歯が生える前
    離乳食が始まったら、「さゆ」を含ませます。母乳のあとや、夜寝る前にお母さんのひざまくらで、消毒したやわらかいガーゼなどをぬるま湯にひたし、ハグキを傷つけないように拭きます。お母さんの手は爪を切り、清潔な手で。

    ※ 下の歯が生えたら
    親が自分の歯みがきの姿を毎日見せましょう。磨くまねをします。 離乳食のあとお母さんの指先にガーゼを巻きつけ、歯を拭いてあげます。

    ※ 上の歯が生えたら
    お母さんが「ソラデー2」(こども用)で歯みがきをしてあげます。上 の前歯は特に重要です。

    ※ 奥歯が生えたら―1才半
    本格的なブラッシングを開始します。歯みがき剤はいりません(使うとかえってやりにくくなります)。ブラシを細かく振動(1cm位)するようにして磨きます。

    ※ 注意点
    上の歯は上から下へ。下の歯は下から上へ。ていねいに毛をはじく感 じで。乱暴にすると痛みを感じ嫌がるので、そっと歯をなでる程度で、徐々に慣らすこと。無理じいしないで機嫌の良い時に、手短に。

    2才を過ぎると「自分でも磨く」と歯ブラシを欲しがります。   ソラデー2はハンドルが太いので、赤ちゃんが握りやすいし、その上、お母さんが磨いてあげることもできるハンドルの長さです。  口をすすぐ必要もありません。
    嫌がる子供もいますが、押さえつけて長時間やらず、ごく短い時間歯ブラシを口の中に入れて慣れさせる程度で構いません。

    歯ブラシの持たせ方

    ソラデー2(こども用)は毛足が短く、ブラシ部分がコンパクトなので 視野がじゃまされず、お母さんが寝かせ磨きをするのにぴったりです。

    B.幼児期の歯

    乳歯が全部萌出したこの頃は、甘いものを盛んに飲んだり、食べたりする時期です。そのため、子供の虫歯が急増し、100人中87人位にも達します。
    乳歯はどうせ生えかわるからと、虫歯を放っておくと、うまく噛めないため、消化不良を起こしたり、偏食ともなり、全身的な発育のみならず、顎の発育にも影響します。

    ※ 歯みがきの習慣を身につけさせること 時々でなく、毎日必ず食べた後や夜寝る前に磨くこと。 自分の口の中を歯ブラシで磨くことは難しい為、お母さんが歯みがき を手伝うことが必要です。 ソラデー2「こども用」の毛先を水で濡らして、お母さんのひざの上 にあお向けに寝かせて、寝かせ磨きをして下さい。



    C.歯みがきは習慣

    4〜6才ごろまでには、自分で歯みがきができます。食べたら必ず磨く習慣が育児につながります。乳歯の虫歯や、指しゃぶり、爪かみ、唇をかむなどの悪い癖は歯並びを悪くします。またかみ合せの不正となります。指やものを噛む癖が あると、上の歯と下の歯が噛み合わなくなります。悪癖、悪い習慣は、欲求不満や情緒不安定などの心理的要因も関係しているといわれます。

    D.学童期

    6〜12才。乳歯から永久歯へ生えかわる時期です。
    乳歯の奥に6才臼歯が生える。この6才臼歯は、あとから生えてくる 永久歯の中心となります。歯の中で一番大きく、噛む力も最大です。しかも、歯並びを左右する歯でもあり、虫歯になりやすい歯でもあります。
    6才臼歯は一番奥にあって、食べかすがたまりやすく歯みがきしにくい。できるだけ歯ブラシを立て、ブラシの先端の方で磨くか、歯ブラシを横から差し込んで磨きます
 
 
[1]
 
名前タイトル内容   
 

このページのトップへ

サイドバナー