知らなかったウイルス対策!

歯ブラシで歯垢を落とすことは感染予防に効果的!
お口の中を清潔にすることによって免疫力を保つ!

ウイルス感染予防には「手洗い」・「うがい」と歯みがきが有効だと言われています。
お口は体内への入り口であり環境が悪化すると肺炎などの感染症や持病の悪化の危険性が知られています。

また、日本歯科医師会ではインフルエンザウィルスの感染に歯垢の中の歯周病菌が出す酵素が大きく関わっていると啓蒙しています。
歯垢はうがいでは取れず歯みがきで除去するしかありません。

ウイルスといえば今最も注目され、猛威を振るっている「新型コロナウィルス」。
現在はこのウィルスの感染予防に努めなければなりません。

ただ、「マスク」も「アルコール」も手に入りにくい現状では1人1人が自宅で出来る予防対策が必要です。

歯垢の中の菌がインフルエンザウィルスの感染を助けると聞いたことがあります。
ではウィルス感染予防対策に歯みがきは有効でしょうか?
一般的な呼吸器感染症の予防として「手洗い」、「うがい」と同様に歯みがきでの歯垢除去はインフルエンザウィルス・コロナウィルスなどの感染予防対策に有効と考えています。 【国立感染症研究所学友会編集に基づく】
ウィルス感染予防の対策で免疫力は大事かと思いますがお口と免疫に関連性はありますか?
口腔粘膜には防疫システムが備わっていますので口腔環境と免疫力は確実に関係があると言えます。

分かったのは「質の良い」歯みがきをする事が感染予防に効果的だと言うことです。
お家で出来る感染予防に是非「ソラデー」をお役立て下さい。